非常時もなるべく冷静な行動を!大規模災害の対策について

大震災が生じた場合に亡くなられてしまった被災者の死亡原因の中で特に多いのは、火に巻き込まれたのと家財道具が倒れ為の圧迫死とされています。無対策で設置してあっただけの調度品の散乱で重傷を負ったり死んでしまう被害を減らしたい時、具体的になにを備えたら有効なのでしょう。食べ物の備蓄も欠かせませんが、火気や水が用意できない場合に食べる事が出来ないのでは意味がありません。極力気軽に食べることが出来る災害時用食糧に絞り、ちょっとずつ蓄えると安心です。購入したまま放っておくことは避けて、周期的に時たま食べる様にして足していくと言うシステムがおすすめです。緊急時にはおニューの防災対策用品を使う事はNGです。むしろ平時から研究し、実践して使い勝手についても知っておく事は、万が一の時にもうろたえずにすむでしょう。備えあれば心配はいりません。用具の他にプラスして経験もあらかじめ備えておくべきです。脇 臭い 対処法