手のひらが汗でびっしょり…止めたい!

■手のひらの汗で困ること
私は子供の頃から、手のひらにひどく汗をかくことで悩んできました。周囲からは目立たず、小さな悩みと思われがちです。
しかし手が常にびしょ濡れのため、手をまともに使えません。手作業は常に手を拭きながらだし、人と握手などもできません。
学生時代はやり過ごしましたが、社会人になり、書類を濡らさないように高速で事務作業をしたり、積極的に人と接することが大事になると、ストレスが大きくなりました。
■手掌(しゅしょう)多汗症の治療
社会人になり手のひらの汗の悩みが深刻になったので病院に行くと、「手掌多汗症」という病気だと分かりました。
人は緊張した時「手に汗握る」状態になります。これは体を活発にする自律神経である交感神経の作用ですが、手掌多汗症はこの作用が強すぎて暴走しているような状態であり、意志的なコントロールが効きません。
治療としては、私は症状が重いので、手掌多汗症の原因となる交感神経を切除する、内視鏡手術(ETS手術)を勧められました。これは脇の下から細い管を入れて、背骨の近くの交感神経の一部を切り取る手術です。全身麻酔が必要ですが日帰りで受けられ、手術跡も注射跡のようで時間が経つとほぼ消えます。健康保険も適用されました。
結論としてはこれにより症状はほぼなくなりました。手術に怖さはありましたが、外科的に原因を取り除くことで、精神的な悩みが消えて良かったです。顔汗の止め方教えてほしい

何故だ、IT機器使用であふれる汗

スマホやパソコンを使用していて、使用方法がよく分からなかったり、エラーを連発したりすると尋常じゃないくらいの汗が流れてくるのです。
昔はパソコンなどは苦手ではなく、むしろ得意なほうでした。
買ってきたパソコンを設定するものすべて自分でやっていたくらいです。
ところが、歳を重ねるとまず、マニュアルを理解することができなくなり、適当にやるとエラーばかり。
そのうちに、汗がだらだらと流れてくるのです。
これも一種の更年期障害なんでしょうか?
たまねぎを炒めたような汗の臭いで自分が自分の臭いで倒れてしまいそうです。
IT機器だけでなく、職場でも仕事のミスなどで精神的に追い詰められると、ブハーッと汗が流れてきます。
以前見たテレビ番組で芸人さんが普段行ってた悪事(女性問題)を暴露された時に、顔からものすごい量の汗を流していました。
あそこまではいきませんが、それに近い状態です。
冷や汗かいたなんていいますが、冷や汗にもほどがあると思うのです。
もう少し、汗の量を抑えることができたらなあと思っています。サラフェと体育会系女子

両親のケアに忙しい!精神疲労低減の知識

ケアを必要とする場合は、例えば脳溢血・アルツハイマー等の症状、そして事故による怪我でしょう。突如として介助・看護の問題に向き合う事も珍しくなく、戸惑う事も多い事でしょう。そんな時は関係部署への相談で善処を図りましょう。アラサーで親が要介護認定されている方は、独身と既婚者で心痛の内容も違ってきます。例えば独身でしたら実両親で、一方で既婚は義父母も対象となるパターンも考えられるためです。ともかく、一人で悩まないという事が大切です。民間企業でも介護業務に参画する所が激増しており、保険を適用できる介護サービスを始め、食事の戸別配送或いは家政のサポート等現場のリクエストに応えるサービスに至るまで、じつに様々なシチュエーションに応えた事業が沢山できているのです。